残業のテロル

人から貰った個体でつくった構築を披露するブログ

【第7回ABC】メガミミロップ入り結論パ

第7回ABCに参加してきました。
予選を5-0の全勝で突破し準決勝まで駒を進めましたが、ここで敗北。
3位決定戦で勝利し、結果的には3位で終わりました。

例によって優勝は逃したものの、
全体の戦績では7-1と悪くない結果だったのではないかと思います。
特に今回は大きなミスなく立ち回れたことと、
完成度の高い(と思っている)構築で結果を残せたことが何より嬉しいです。

 

【使用構築】

f:id:mat_poke:20160214021202g:plainf:id:mat_poke:20160214011028g:plain f:id:mat_poke:20150913131710g:plain

f:id:mat_poke:20150913131912g:plainf:id:mat_poke:20150913131954g:plainf:id:mat_poke:20150913132030g:plain


今回もメガミミロップを軸にした構築で参加しました。
前回のメガミミロップスタンをさらに煮詰めた構築で、
HBメガサーナイトの記事と半分くらい内容が被りますが、
一つの完成形としてその内容もまとめて載せておきます。
以下、採用順での説明です。


ミミロップミミロップナイト

f:id:mat_poke:20160214021202g:plain

陽気 141(4)-128(252)-104-*-116-172(252) → 141-188-114-*-116-205
猫騙し 恩返し 飛び膝蹴り 身代わり

S135と肝っ玉により、多くの厄介な相手に対して上から殴れる1枚目のメガ枠。

前回は冷凍パンチを採用していたが、
冷凍パンチを撃つ相手に対しては他で対処することが多く、
それ以上に補助技で機能停止を狙ってくる低速ポケモンへの
アドバンテージが魅力的だったため冷凍パンチ→身代わりに変更。
マリルリギルガルドに対して様子見ができたり
非常に多くの場面で有効だったため、この変更は正解だった。

また、このポケモンがいるおかげで後述する裏選出を
非常に通しやすくなるという点も見逃せない。


ボルトロス@オボン

f:id:mat_poke:20160214011028g:plain

図太い 184(236)-*-132(236)-145(4)-100-135(32)
ボルトチェンジ めざ氷 草結び 電磁波

ラティオスから変更。
図太いオボンのテンプレの配分を拝借。
キノガッサに対して先制できるよう、Sに少し振っている。

格闘技への耐性と地面技を無効にできる点に加え、
前回の構築で重くなりがちだった、
スイクンファイアローに強い点を評価しての採用。
草結びはカバルドンマンムーへの打点であり、
水タイプに対して居座るために必要な技。

主な役割は後出しからボルトチェンジ
ミミロップガブリアスを無傷で降臨させること。


ヒードラン@残飯

f:id:mat_poke:20150913131710g:plain

臆病 193(212)-*-126-150-132(44)-141(252)
噴煙 ラスターカノン 挑発 身代わり

上2体で処理が難しいハイパーボイス持ちに対する回答。
構築全体で重いクチートにある程度戦える駒でもある。
逆にこれ以外の用途で選出することはほとんどない。

前回の技構成ではフェアリーに対する明確な打点がなかったため、
守る→ラスターカノンに変更した。

臆病の理由は上から挑発を撃てる相手を増やすためと、キノガッサ意識。


サーナイトサーナイトナイト

f:id:mat_poke:20150913131912g:plain

控え目 175(252)-*-108(180)-169(72)-136(4)-100 → 175-*-108-213-156-120
ハイパーボイス サイコショック めざ炎 挑発

メガバシャーモの補正ありフレアドライブを確定耐え
メガギャラドスの補正あり1積み滝登りを確定耐え
メガゲンガーの無補正ヘドロ爆弾を確定耐え
化身ボルトロスの珠10万ボルトを高乱数2耐え
霊獣ランドロスの補正あり地震を威嚇トレースで高乱数2耐え
ナットレイの補正ありアイアンヘッドを確定耐え
ハイパーボイスでH振りメガギャラドスを中乱数1発
サイコショックメガバシャーモを確定1発

ミミロップの選出が難しい場合の2枚目のメガ枠であり、
ガブリアススイクンを加えた裏選出の要となるポケモン

前回記事の配分でSに振っていた努力値をBに回すことで、
先発で霊獣ランドロスと対面した際に
威嚇トレース込みでほぼ確実に殴り勝つことができる。

こちらのサーナイトへの回答として
ほぼ確実に選出されるナットレイに対しても、
ハイパーボイス+めざ炎で処理することが可能。
カバルドン入りやクレッフィ入りに対しても先発させやすく害悪にも強い。

威嚇持ち+ナットレイの組み合わせによって
サイクルを回すような構築に対して非常に刺さるので、
相手のサイクル戦に付き合うことなく立ち回ることができる。


ガブリアス@拘りスカーフ

f:id:mat_poke:20150913131954g:plain

意地 183-200(252)-116(4)-*-105-154(252)
逆鱗 地震 ストーンエッジ 寝言

前回は襷での採用だったが、後投げしたい場面が多いため持ち物をスカーフに変更。
今回は後半のフィニッシャーとしての役割も重要だったため、
火力に優れる意地っ張り個体での採用となっている。
寝言はゲンガーやキノガッサの催眠に対して無抵抗にならないための採用。

このポケモンを選出した場合は、
どうやってこのポケモンの一貫をつくるかを念頭に置いて立ち回る。


スイクンゴツゴツメット

f:id:mat_poke:20150913132030g:plain

図太い 207(252)-*-183(252)-110-135-106(4)
波乗り 冷凍ビーム 毒々 リフレクター

主にガルーラガブリアスマリルリに対するクッションとして選出する。

ガルーラの身代わりを破壊するために熱湯ではなく波乗りを採用。
この構築ではガルーラなどの氷技に後出しするタイミングがないため、
凍結するリスクへのケアも薄くして技の威力を重視した。
リフレクターは剣の舞や役割集中に対して強くなるだけでなく、
後続のサーナイトガブリアスの行動保証を強化できる。


【選出パターン】
ミミロップボルトロスガブリアス
ミミロップボルトロスヒードラン
サーナイトガブリアススイクン
サーナイトヒードランスイクン
ボルトロススイクンミミロップ or サーナイト

 

【総括】
基本的な選出パターンでほとんどの構築に対応でき、非常に使いやすい構築だった。
メガミミロップ入りでこれ以上の構築は、自分にはつくれないと思う。

最後に、運営の皆さん、参加された皆さん、お疲れ様でした。